プルームテックプラスのベース「LOGIC PRO」を入手!写真付きで徹底レビュー!

 

プルームテックプラスのベース機種「logic pro」を徹底レビュー!

 

2019年3月に発売予定であるプルームテックプラス。今回「プルームテックプラス」のベース機である「LOGIC PRO」を入手いたしました。
LOGIC PROはいったいどんなデバイスなのか。写真付きで徹底的にレビューしていきます。

 

こんな方へオススメの内容です

2019年3月に発売予定の「プルーム・テック・プラス」の正体とは?

ベース機である「LOGIC PRO」とはどんなデバイスなのか?

LOGIC PROと現在販売中のプルームテックとの違いは?

 

 

Ploom TECH+(プルームテックプラス)とは?

▲Ploom TECH+(プルームテックプラス)

 

2019年3月に発売予定のプルームテック新モデルです。「吸い応え」が強化したモデルという事で、プルームテックユーザーから期待されています。

 

■Ploom TECH+(プルームテックプラス)の特徴
・従来通りの「低温加熱型」
・現在販売中のプルームテックよりも吸い応えを強化したモデル。

 

 

LOGIC PROを写真多めで徹底レビュー!

▲LOGIC PRO

 

これがLOGIC PROです。見た目は数年前に流行ったペン型のVAPE(電子タバコ)にそっくりです。

 

 

プルームテックを若干太くした印象です。質感は現行プルームテックと同等で指紋も目立ちません。

 

 

LOGIP PROは大きく分けて、バッテリー専用カートリッジトップキャップの3パーツに分解が可能です。

 

 

この専用カートリッジに蒸気を発生されるリキッド(液体)が入っています。現行プルームテックのカートリッジ部に当たるパーツです。このカーリッジはクローズド型で、自分でリキッドを入れることは不可能です。
プルームテックプラスもこのタイプで登場する可能性が高いです。

 

 

LOGIC PROのバッテリー部分(本体)です。バッテリー容量は650 mAhあり、現行プルームテックバッテリー(190 mAh)の三倍以上です。プルームテックプラスでは使用時間の短さが改善されると予想されます。

 

 

LOGIC PROのトップキャップ部分です。

 

 

キャップとマウスピースを外すことが可能です。マウスピースはネジで締め込むタイプになっています。漏れ対策としてOリングが装着されています。

 

 

各パーツを分割しても簡単に元に戻すことが可能です。もちろん工具は必要ありません。

 

 

吸い口は細長くなっています。ちなみにプルームテックプラスでは、この吸い口部分が「たばこカプセル」を装着するタイプに変更されています。

 

 

▲プルームテックプラスとLOGIC PROの比較写真

 

 

質感も良く高級感を感じます。現行プルームテック同様に指紋が目立ちません。

 

 

LOGIC PROの使い方。現行プルームテックとは大きな違いが1点。

 

現行プルームテックとの大きな違いは吸い方です。LOGIC PROは吸うだけでは煙は出ません。ボタンを押しながら吸う必要があります。また誤作動防止のため電源のオンオフも搭載されています。

 

電源オンオフは素早く5回クリックする「5クリック方式」が採用されています。VAPEユーザーにはスタンダードですが、プルームテックユーザーは困惑するかもしれません。

 

 

LOGIC PROを吸ってみた。煙量は現行プルームテックの倍以上。

 

LOGIC PROは現行プルームテックの倍近くの煙があります。吸い込み(ドロー)も現行プルームテックと同等の重さです。このカプセルは海外仕様ですのでニコチンが入っていますが、十分なキックを感じられます。
カートリッジフレーバーはタバコを吸ってみましたが、味はしっかりと出ます。プルームテックプラスでフレーバー付きのカプセルをリリースする可能性もあるではないでしょうか。

 

 

LOGIC PROのスペック

出典:LOGIC.

 

メーカー LOGIC. (ロジック)
商品名 LOGIC PRO (ロジックプロ)
サイズ 幅:14mm
高さ:135mm
電圧 3.7 V
バッテリー容量 650 mAh
充電タイプ 専用アダプタを使用したUSB充電
充電時間 約100分
エアフロー 調整不可能

 

 

LOGIC PROのまとめ

 

プルームテックプラスのベースとなるLOGIC PROは、リキッドを気化させて蒸気を発生される一般的なVAPE(電子タバコ)です。「吸い心地、煙量、メンテナンスフリー、質感」全てが好印象でした。 しかし、このまま「たばこカプセル」を装着すると、カプセルの底が溶け出す可能性が高いです。この大きな問題をどのような方法でクリアーするのでしょうか。

 

 

 

  Ploom TECHとVAPEが簡単に美味しく楽しめる電子タバコ、「Easy VAPE / TARLESS」のリリース情報です。 ■Easy VAPE / TARLESSとは?TARLESSはクラウドファンディング「Makuake」にて実施されたプロジェクトで...
電子タバコ/VAPEおすすめ最新ランキング【2018年】2018年も残すところ1ヶ月ですね。今年は10月にタバコ増税がありました。アイコスも一箱500円とかなりお財布に厳しくなってきた影響で、VAPEを新たに始めた方も多...
 知名度抜群の電子タバコ専用リキッドブランド『KAMIKAZE E-JUICE』。「日本の電子タバコ(VAPE)ユーザーなら知らない人はいない」という程の超有名リキッドブランドです。 最近では、なんとVAPE専門店以外の...