VWモード(Variable watt)

 

VWモード(variable Watt)とは、W数(ワット)を固定して出力するモードです。

ワットはほぼイコールで熱量ですので、シンプルに考えるとワットが高くなれば、発熱量も高くなります。

電子タバコ(VAPE)はコイルの加熱によりリキッドが蒸発し、煙を発生させるのが基本の仕組みなので、細かい差はあれど基本は一緒です。
発熱量が増えれば必然的にミストの量も増えます。
ほぼイコールで発熱量のため、W数を上げればミストの量も増えるとシンプルです。

ただし、VWモード(ワット固定)のデメリットとしては、通電時間の経過とともに緩やかに温度が上昇し続ける為、コイルの焦げに繋がりやすくもなります。

関連用語

VAPEwiki一覧へ