Tark's

Sitting Bull(シッティングブル)

18

23

海外産

製品情報

ブランド名 Tark’s Mond&world
(Tark’s / Tark’s Select Reserve)
名前 Sitting Bull
味の説明 エキゾチックな風味のパイプタバコのフレーバー

最初の一口目はVan Goghのようなニュアンスを感じますが、吸っていくと全くの別物です。香りも燻されたウィスキー樽ようなスモーキーな感じがします。Buffalo Billと同じくらい甘くない部類になるマイルドシガー系のフレイバーですので1.2Ωほどの高めの抵抗値のRTAでゆったり楽しんでいただいても良いかと思います。

PG/VG PG 50% / VG 50%
生産国 USA
販売価格  

新着口コミ

タバコ系は基本tarksだけでもいいかな…。あ...

安定のtarksですね。燻したようなタバコ感は健在です。人を突き放すようなスパイシーさと心を落ち着かせるスモーキーな風味とのバランス。すごく満足感の高いリキッドだと思います。

リキッドを購入する際にやはりコストを気にすることはあると思います。
tarksのリキッドに関しては、最近発売され始めたリキッドと比べればお値段は高めですが、色々なタバコ系リキッドを嗜んだ結果、タークスに関してはコスパが悪いと感じたことはないんですよね…。
というか、このリキッドはやく無くならないかな、とか他のリキッドではあるあるの思いを抱くことはほとんどないです。
とかなんとか言ってるうちに無くなりました…。

まあ。美味いです。タバコ系の美味さですが。

味的には決して紙巻タバコの味ではありませんが、ゴッホと比べればタール感はあるのでより紙巻に近く、またゴッホのフラワー系の絵の具風味とはまた違った、疲れ切ったハーブ系の土っぽい味がします。ゴッホは褒めてますよ…。

個人的にはゴッホと併用も可能な感じですかね…。

ゴッホ、vct、ブラックバード、ミッドナイトアップルと同じで、特別な時間、特別な場所で嗜みたいリキッドですね。

とは言え。つい家で何もしないと決めた時にのんびりとお酒を飲みながら、此処ぞとばかりにダラダラと吸ってしまいますが…。

 

フィエロ

2018/11/21

現在口コミ投稿フォームを停止しております。