SMOK

Mag Kit(マグ キット)

3.5

4

0

0

  • スターターキット
  • ボックスタイプ
  • 温度管理搭載

購入サイトへ

すでにこの商品は試されましたか?


口コミを投稿する

製品情報

ブランド名 SMOK®(スモック)
名前 Mag スターターキット(マグ)
商品内容 ・Mag Mod
・TFV12プリンスタンク
・V12プリンス – Q4コア(プリインストールされた0.4クワッドコイル)
・V12プリンス – T10コア(0.12オームデュプルコイル)
・交換用ガラスチューブ
・USB ケーブル
・英語版ユーザーマニュアル
・スペアパーツ
商品詳細 ・バッテリ搭載用のロックアンドロード設計
・花の形のボタンでユニークなガンハンドルの外観
・絶妙なトリガーのような火災キー
・操作が簡単なHD大量UI
・ワイルドコブラドリップチップ&トップリフィルシステム
・新しいV12 PRINCE Q4 / X6 / T10コア
・特許のロック機構
・カラーバリエーション:19色
 White Prism、Red Skull、Red Camouflage、
 Rasta Color(Green)、Rasta Color(Red)、Belgium Color、
 Blue and Multi-Color、Silver Prism Chrome、Black Gun Metal、
 Camouflage、Green Black、Pink Black、
 Navy Blue Black、Purple Black、Black Red、
 Silver Black、Black Prism、Gold Black、Red Black

◆Mag Mod

・ワット数範囲:6-225W
・電圧範囲:0.5-9V
・スタンバイ電流:<500uA バッテリー:2 x 18650バッテリー(別売)
・抵抗値:
 ・VWモード:0.1-3オーム
 ・TCモード:0.05-3オーム
・温度範囲:200℉-600℉/ 100℃-315℃

◆TFV12 PRINCE Atomizer

・リキッド容量:8mL
・材質:ステンレス鋼とパイレックスガラス
・スレッド:510

【サイズ】

◆Mag Mod

・寸法:92.3mm × 65㎜ × 30mm

◆TFV12 PRINCE Atomizer

・寸法:φ28mm × 63mm


新着口コミ

デザイン重視

【長文面倒な人向け】
MOD:デザイン重視の重くてメタルなデュアルバッテリー機
アトマイザー:ドモホルンリンクル(評価を悪いにしている原因)

RevvoTankを安心して蒸かせるデュアルバッテリーのMODを探していた所、デザインに惚れて即購入しました。

【Mag Mod】
見て分かる通り、銃のグリップがモチーフになっております。
バッテリーカバーも銃で言うマグリリースボタンを押し込むとカバーが本体下部から出てくる拘りっぷり。好きです。
届いた時点で液晶や本体に大小含めて無数の傷が入っており、「俺は海外から来たんだぞ
!」と主張してくれますので、そういうのが苦手な人はご注意を。個人的には液晶部分には保護シール貼ってくれても良いのではないかと思います。
アトマイザーは25~26mmならジャストフィットですが、特に干渉するパーツはないため実質無制限で積めます。
デュアルバッテリー仕様なので勿論重量はありますが、銃のグリップをモチーフにしているだけあって非常に持ち易くなっています。トリガーを模したパフボタンも自然と人差し指が来る位置なので押し安い。出力の+-ボタンも「カチッ」と音がするレベルのクリック感があり、操作感は文句ありません。
MOD単体なら評価は「良い」だったんですが…。
【追記】
アトマイザーを付け替えたりリビルドによってコイルの抵抗値に大きな差が出ると、パフボタンを押した際に出力せず、どちらが実際の値なのか「NEW」「OLD」として選択肢を出してくれます。(+-ボタンで選択してパフボタン長押しで決定)
多くのMODを所持して居る訳では無いので当たり前の機能なのかは自分には分からないのですが、何かの拍子にコイルがズレて軽くショートを起こしたり抵抗値が変わった時でも出力されないのでかなり安全性を高めてくれる良い機能だと思います。

【TFV12 PRINCE Atomizer】
Mag Modに付いてくる問題王子です。先ずプリインストールされているプリメイドコイルが接触不良かショートを起こしていました。開幕から圧をかけてきます。
タンク容量は8ml、プリメイドコイルは一番Ωが低い物で0.12Ωの推奨W数80-110というもう言い逃れが出来ない博煙王子です。更に、プリメイドコイルは3つで1800~2800円という値段ですので、とんだ放蕩王子です。
幸いPrince-RBAの名前でリビルドキットが別売りされています。ベプログショップさんで合わせて購入した所、売り切れとなりました。すいません。
そしてこのアトマイザー最大の欠点なのですが、リキッドが漏れます。ボトムエアフローだから仕方ないと思うかもしれませんがそういうレベルではありません。エアフロー全開にして内部を観察していると、30秒に1滴のペースでリキッドが滴ってくるドモホルンリンクル製造装置です。8mlフルチャージしてリキッドが染みるのを待つために15分ほど放置していた所、リキッドが消え去りMODもろともリキッドの海に沈んでいました。プリメイドコイルの不良を疑うレベルですが、蒸かすことについては問題はありませんし、コイルの値段が値段なので少量ずつチャージしながら吸うという状態に…。私はなんで使用感を確かめる前にRBAキットを買ってしまったんだ…。

【追記】
あまりにもドモホルンリンクルするので我慢できずにプリメイドコイルを付属のスペアに変えてみました。
すると、タンクの半分より上までリキッドチャージをしない限りドモホルンリンクルしなくなりました。それでもジワ漏れが半端なく、15分ほど放置するとエアフローからリキッドがドロッと出てきますが…。
替えた直後は「コイルが初期不良だったんだね…酷い事言ってごめんな…」と思ってしまいましたが、そもそも最低でも1個600円して高品質を謳っているコイルに初期不良ある時点でキツい話ですし、ジワ漏れが十分過ぎたので騙されるところでした。


最終的にアトマイザーをRevolver RTAに変えて楽しんでいます。名前的に相性もぴったりなのでお気に入り。問題王子については、RBAキットを使って変わるようであれば追記します…。

 

D41MU

2018/11/27

口コミを書く

口コミを投稿するためにはログインが必要です。