Eleaf

iStick Pico 21700 MOD(アイスティックピコ)

4.8

49

10

  • サブΩ対応
  • ボックスタイプ
  • 本体

口コミを投稿する

製品情報

ブランド名 Eleaf(イーリーフ)
名前 iStick Pico 21700 MOD
(アイスティックピコ)
商品内容 ・ iStick Pico 21700 本体
・ 21700バッテリー
・ 18650バッテリー用スリーブ
・ Micro-USBケーブル
・取扱説明書(英語)
商品詳細 【Eleaf iStick Pico 21700 MODの特徴】
・18650バッテリーと21700バッテリーに対応!
・100Wまで動作可能
・新しいHW1-Cコイル導入

仕様:

・最大充電電流:2A
・スレッドタイプ:510スレッド
・出力ワット数:1-100W
・出力電圧:0.5-9V
・出力モード:VW /バイパス/ TC(Ni / Ti / SS / TCR)
・抵抗範囲:
 TCモード:0.05 – 1.5ohm
 VW/Bypassモード:0.1-3.5ohm
・カラーバリエーション:6色
 グリーン、ブラック、ホットピンク、ブラッシュドシルバー、シルバー

【サイズ】

◆iStick Pico 21700 MOD
・寸法:26.0mm × 51.0mm × 77.0mm
・重量:
 21700バッテリー使用時: 165.3g
 18650バッテリー使用時: 96.6g


新着口コミ

2019年現在のスタンダードテクニカルMOD

2019年現在のもっともスタンダードなテクニカルMODだと思います。
デカいアトマイザーも載るし、現在基本的に必要とされている機能は網羅されています。
AIO系やPOD型を卒業して、クリアロマイザーとともにBOX MODに入門するには最適ではないでしょうか?
クリアロを使いながらVWモードに慣れて、ある程度詳しくなってきた頃にRDAやRTA、RDTAにステップアップしたり、温度管理を使うようになっても、そのままこの機種を使い続けられるのは大きなメリットです。
技術的にもこなれた(ある意味使い古された)技術で作られていて、安全性が高く、価格も安い。初めての人に訊かれたら、まずこれをお勧めします。
最後に知っておいて欲しい難点を。
1.+-のボタンが底面にあって操作しづらい。
2.バッテリーのキャップがアトマイザーを回す時に邪魔になることがある。
3.ボタンや本体上面、下面のメタルパーツにリキッドが付着すると表面が変質することがあり、拭いても解決しない(ピカールなどで磨く必要あり)。
あと、個人的な意見になりますが、本体の色味がどれもつまらない(笑)
こんなところでしょうか。
最後に難点を書きましたが、価格がこなれて来ているにもかかわらず、いまだに使いやすいMODの筆頭に挙がると思います。
お勧めします。

 

マシュマロ

2019/06/15

口コミを書く

口コミを投稿するためにはログインが必要です。