電子タバコ(VAPE)メンテナンス方法

この記事の関連ワード
#クリアロマイザー #リキッド

コイルの選び方、コイルの替え方

  • 電子タバコ(VAPE)の味や煙の量に最も影響してくるのがコイルであり、消耗品であることから定期的な交換が必要になってきます。

    クリアロマイザーは製品ごとに使用できるコイルが決まっており、製品の種類によって約200円~800円前後と値段が異なります。コイルがまだ使えるのに交換してしまったり、コイルの寿命がきているのに吸い続けたりするのは嫌ですよね。

    そこで、今回はコイルの交換方法や交換時期について説明します。
    是非参考にしてみて下さい▼


    【コイルを変える時期・目安】

    一般的なコイル交換はおよそ2週間が目安となります。使用頻度や製品の特徴でも異なり、早い方(煙の量を多く出したい⇒爆煙仕様)だと1週間ぐらいでコイルがダメになってしまったり、全然吸わない人であれば1ヶ月以上使用できたりと個人の差が出てきます。上記のように使い方によって交換時期が変わってくる為、目安を聞いてもどのタイミングで交換すればいいか分からないと思います。

    あくまで、交換時期の目安なので使用していて下記のように少し変だなと思ったらコイルが劣化しているサインです。

    ・リキッドの味が感じられなくなった気がする
    ・煙の量が以前より少ない気がする
    ・味がおかしい、苦くなった気がする

    特に「味がおかしい、苦くなった気がする」についてはコイル内のコットン等が劣化により焦げてしまっている事が原因なので一番わかりやすいサインです。
    正直ここまでくると喉に刺激を与えたり、不味くて吸いたくなくなると思うので、コイルを交換して下さい。


    【コイルを変える時期・目安】

    交換時期になったら、コイルを交換して下さい。
    リキッドを吸いきってしまうのが理想的ですが、残っている場合は捨てることになってしまいます。
    又、リキッドはこぼれるとベトベトするほか、衣服などに付着すると取れなくなってしまう可能性もありますので、慣れるまでは、注意しながら作業を行って下さい。

    では、コイルの交換手順です▼

    コイル交換作業~吸うまでは下記の注意事項を参考にしてみて下さい。

    パーツが硬くて回らない場合はゴム製品(ゴム手袋やVAPEバンド)の摩擦力を利用すると外しやすいです。

    ※無理に外そうとすると部品が破損する可能性があります。

    新しいコイルの取り付けは気持ち強めにする。

    取り付けが甘いとリキッド漏れの原因となってしまいます。

    トップパーツやボトムパーツの取り付けは慎重に!

    ※強く締めすぎてしまうと、パーツで挟んでいるタンク(製品にもよりますが)が割れてしまいます。

    新しいコイルにリキッド入れてから15分ぐらいは待って下さい。

    ※リキッドがコイルに浸み込んでいない状態で吸ってしまうとコイルが焦げダメになってしまいます。

    まとめ

    少しだけ手間に感じてしまうかもしれませんが、電子タバコ(VAPE)を楽しむ上でコイル交換は必要になってきます。
    目安が分かったとしてもリキッドがない状態で吸ってしまったり、連続吸い(チェーンスモーク)によるコイルの劣化により、イレギュラーなコイル交換が発生してしまう可能性もあります。 その為、予備のコイルを用意しておくことをおすすめします。

    あくまで交換についての期間は目安なので、電子タバコ(VAPE)に慣れてくると感覚で交換することができるようになってくると思います。

    良く読まれている記事